目元は美容の大きなテーマ|アイクリームのパワーを借りましょう

肌をきれいに洗うには

洗顔する女性

化粧を落とすクレンジングにはいくつかの種類があると言うことがわかっています。その中でそれぞれの特徴をしっかりと把握することが必要になります。間違ったクレンジング方法では、肌の老化につながってしまうので、種類や特徴を理解しておく必要があります。

もっと見る

ニキビ肌に有効な化粧水

顔を触る女性

リプロスキンはニキビ跡に有効な化粧水で、何度も使用することで肌を健康的にできます。リプロスキンには肌を柔らかくする特徴があるために、柔軟な肌にすることで美容成分が奥まで浸透しやすくなります。低分子ヒアルロン酸や低分子コラーゲンの作用で、ニキビができにくい肌質に変えることができます。

もっと見る

潤いのある肌にするために

笑顔の婦人

保湿性の高い化粧水に配合されている成分にセラミドがあります。セラミドには多くの種類があり、由来によってもそれぞれ特徴があります。保湿のためには、化粧水に使われているセラミドがどのようなものであるかを確認してから購入するとよいでしょう。

もっと見る

目元の若さを保つ

スキンケア

正しい塗り方を知る

ただアイクリームを目元に塗れば、目元のケアになるわけではないので、順番は大切です。通常のスキンケアでは、化粧水の次に美容液を塗り、その後で乳液やクリームへと進みます。アイクリームを塗るタイミングは、化粧液と美容液の間です。塗り方についてですが、必ず目尻から伸ばすようにします。目尻から塗るのは、むくみやくまの原因となる老廃物が流れやすくなるようにするためです。この時、薄い皮膚に刺激を与えないために中指を使って塗るようにするといいでしょう。正しいアイクリームの塗り方を実践することで、目元の皮膚に対するケアの効果がより大きくなります。目の周囲は年齢が出やすいので、アンチエイジングとしても効果的です。

デリケートな個所

目元の皮膚は、2ミリの薄さしかないので、かなりデリケートに出来ています。そのため、刺激に弱くきちんとお手入れをしないと老けやすいのです。目元の皮膚専用のケア用品として、アイクリームを使っておくことで、老化を防ぐことができます。刺激に弱いことに加えて、皮脂腺が少ないので乾燥しやすい点も注意が必要です。しかし、アイクリームで保湿を行うことで乾燥から皮膚を守ることができます。保湿を行うだけなら、他の美容クリームでも代用が可能なのではと誤解されがちです。でも、顔の他の部分にはダメージがなくても、目の周囲に使うと刺激になることもあり得ます。目元のケアを行う場合は、出来る限り専用のアイクリームを使うのが望ましいでしょう。